小川待子展 月の記憶

2017年4月15日 − 4月29日

SELECTED WORKS

EXHIBITION VIEW

PRESS RELEASE

ギャラリーNOWでは 、4月15日(土)から4月29日(土)まで、「小川待子展 月の記憶」を開催いたします。小川待子は東京藝術大学卒業後、パリ留学時に鉱物博物館で鉱物に出会い、想像を超えた時間と自然の意図による精緻で根源的な美しさに衝撃を受けました。

その後、西アフリカに3年半滞在し現地で素朴な叩き技法による土器つくりに夢中になったことが、小川の陶芸の原点となり、近現代の陶芸史にはない独自の作風へと発展していきました。

大地から掘り出されたような小川のやきものは、原初的な力強さに満ち、鉱物の結晶を想起させる表情をまとっており、それらはまるで悠久の刻を超えて、遥か遠く月からやってきたように思えます。

今展では、土の塊を割りガラス釉をまとうロック(塊)や破盤。焼成時にあふれた破片を集め再構築した結晶シリーズ、茶碗、香合、水指などの茶器に加え、酒器も展示いたします。

どうぞご高覧ください。

展覧会概要

展覧会名 : 小川待子展 月の記憶

会期 : 2017年4月15日(土) − 4月29日(土)

作家在廊日 : 2017年4月15日(土)

開廊時間 : 火曜−土曜 10:00−18:00 日曜、最終日 10:00−17:00

休廊日 : 月曜

会場 : ギャラリーNOW 〒930-0944 富山県富山市開85

小川待子 おがわ・まちこ

1946年 札幌市に生まれる

1969年 東京藝術大学工芸科卒業

          パリ工芸学校で陶芸を学ぶ(ー71年)

1972年 西アフリカ各地で陶芸を学ぶ(ー75年)

1992年 タカシマヤ文化基金新鋭作家奨励賞受賞

2001年 日本陶磁協会賞受賞

2008年 第58回芸術選奨文部科学大臣賞受賞

 

主な展覧会

1997年 「The 9th Triennale 1997 JAPAN」 Lalit Kala Academy(インド)

2002年 「 小川待子展 Li2・NaO・Al2O3・Sio2 呼吸する気泡」 神奈川県立近代美術館

2004年 「小川待子展 Na2O・ZnO・Al2O3・SiO2・B2O3」 MDSギャラリー(東京)

2005年 「アルス・ノーヴァー現代美術と工芸のはざまに」 東京都現代美術館 (東京)

2007年 「土から生まれるもの コレクションがむすぶ生命と大地」 東京オペラシティアートギャラリー

2011年 「小川待子|生まれたての <うつわ>」 豊田市美術館

2016年 「小川待子個展」Erskine,Hall & Coe(ロンドン)

 

主なパブリックコレクション

東京国立近代美術館、神奈川県立近代美術館、豊田市美術館、高松市美術館、菊池寛実記念智美術館、サントリー美術館、草月美術館、東京オペラシティアートギャラリー、岐阜県現代陶芸美術館、樂翠亭美術館、愛知県陶磁美術館、メトロポリタン美術館、ブルックリン美術館、西オーストラリア美術館、ミネアポリス美術館、ロサンゼルスカウンティ美術館、ヴィクトリア&アルバート美術館、ボルチモア美術館、イェール大学美術館、スミスカレッジ美術館、サミュエルPハ-ン美術館、ギッターコレクション

ギャラリーNOW

〒930-0944 富山県富山市開85

TEL.FAX. 076-422-5002

info@g-now.com

GALLERY NOW

85, Hiraki, Toyama-shi, Toyama, 930-0944, Japan

tel.fax. +81-76-422-5002

info@g-now.com

©︎ GALLERY NOW 2017