伊藤慶二 陶像 2024年7月19日(金)- 8月8日(木)

  • 人 

    32.5×22×h43.5cm

  • 人 

    32.5×22×h43.5cm

  •      人型 5×4.3×h10.5cm

    (左より)かお 15.3×15.3×h26cm

         人型 11.6×7×h12.2cm

         人  11.7×12.3×h21.7cm

         人型 5.3×5.3×h10.5cm

  • 仏足

    17.5×41×h8.3cm 17.5×40.3×h9cm

伊藤慶二(1935年岐阜県生まれ)は、武蔵野美術学校(現武蔵野美術大学)で油絵を学び、卒業後岐阜県陶磁器試験場デザイン室に勤め、そこでクラフト運動の指導者でもあった日根野作三と出会い師事する。
その後、徐々に伊藤ならではの立体造形を制作するようになり、88才の現在も黙々と陶芸と絵画の制作を日々重ねる。
伊藤慶二の土に宿す精神を感じとっていただけましたら幸いです。

展覧会名:伊藤慶二 陶像
会期:2024年7月19日(金)- 8月8日(木)
開廊時間:10:00 - 17:00
休廊日:日曜日・月曜日
会場:ギャラリーNOW